LCCのメリットと注意点を知る!格安の理由とサービスを紹介!

- ドリンクサービス

ドリンクサービス

格安航空券を利用すると、機内でドリンクを頼むと有料になるというのは今では常識的なことですが、果たしてどのくらいの費用がかかるのでしょう。
世間一般で喫茶店のコーヒーは350円程度、安めのジュースでも250円と言うところでしょうか。
席料が含まれないファーストフードでもジュースで200円が一般的な価格かもしれません。

機内のドリンクサービスも大体はファーストフードと同じくらいの価格設定になっています。
ですから、この価格を見て高いと判断するか常識的な価格と判断するかは、機内での飲み物が有料であることがおかしいと思うかどうかなのです。
ちなみにドリンクサービスを受けないことで航空券の運賃が下がっていることは知っていても、自分だけは無料で飲みたいと思うのかもしれません。
今ではペットボトルなどを持ち込めるようになっているところが多く、必要に応じて好みのボトルを携帯しましょう。
ちなみにペットボトルなどのドリンクはX線検査場を通ってから購入するようにしましょう。
封を切ったものは持ち込めないことが多く、未開封であっても検査に時間がかりますので、なかに入ってから売店で購入するとトラブルなくスムーズに持ち込めます。
ちなみにペットボトルは162円以上ですから、飲まないかもしれないようでしたら機内サービスを利用した方が良いかもしれません。
ちなみにジェットスターの場合には、インスタントホットコーヒーが200円、インスタントのカップスープが350円、カップヌードルが350円です。
他にもソフトドリンクで比較すると、ピーチで200円、ジェットスターは200円から300円、スカイマーク100円となっていて金額だけ見ると価格的にはスカイマークが格安となっています。
機内サービスは敢えてオーダーしなければいけない事情がなければ、せっかく格安航空券を利用したのに無理をしてまで注文するほどのことは無いと思います。
どうしても水分補給の必要があると思う人は、搭乗前に購入して持ち込みするのが一番安く済みますし、好みのものを選ぶことができると思います。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 LCCのメリットと注意点を知る!格安の理由とサービスを紹介! All Rights Reserved.