LCCのメリットと注意点を知る!格安の理由とサービスを紹介!

- 荷物追加料金

荷物追加料金

格安航空券を利用して飛行機に乗る場合、気になるのは機内に持ち込みの荷物と預ける荷物の荷重制限です。
格安航空券を利用する飛行機の場合には定められた重量を超えると追加料金がかかる場合と、最初から荷物に追加料金がかかっていて更に重量が増えると料金も増えていきます。

機内持ち込みで荷重が増えるのは、旅行の期間中に着替えする荷物をバッグに詰め込んでいるタイプです。
詰め込んだ荷物をよく見ると、寒かった時のための服や風が強かった時用のウィンドブレイカーや予備のズボンなど、使うのかどうか分らない服がたくさん入っていることがあります。
実際の沖縄ではコインランドリーに突っ込むと、乾燥をかけなくてもその日のうちに乾きますし、お風呂場で洗濯すれば洗い替えできるもがたくさんあって、少し工夫をすれば減量化できるはずです。
ビジネスマンの場合には適合したサイズのキャリーバックだけを持ち運ぶことが多いようです。
バッグの中はワイシャツや下着類でしょうが、フリーの時間帯も考慮して私服も持ってきているのではないでしょうか。
ビジネスでは革靴を履いていますが、私服ではスニーカーに替えようとすると荷物は増えますし、シャツやズボン、それに上着まで入れるとバッグの中はパンパンになっているかもしれません。
でも沖縄に入ってから天候を見てTシャツとパンツ、ビーチサンダルを買えば1着分で十分のはずです。
持ち込み荷物よりも容量は少ないはずですし、機内荷物としても十分持ち込みが可能なはずです。
荷造りする場合にはスーツケースを使うと思います。
たしかにハードケースは安心できますが、ケース自体の重さは約5kgありますので、荷重制限が10kgまでのLCCの場合には、なかの荷物が5kgしか詰められませんので、他のバッグを使った方が良いでしょう。
基本的にはボストンバッグがベストです。
ただし壊れ物が多いようなら、客室内に持ち込むバッグに入れて、ボストンバッグは布製品などを主体にして入れると良いでしょう。
ちなみに無料の受託手荷物は20kgがバニラ・エアとピーチです。
15kgがスカイマークとジェットスターですから、荷造りには気を付けなくてはいけません。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 LCCのメリットと注意点を知る!格安の理由とサービスを紹介! All Rights Reserved.