LCCのメリットと注意点を知る!格安の理由とサービスを紹介!

- なんにでも追加料金が発生する

なんにでも追加料金が発生する

格安航空券は魅力的な値段とは裏腹に、一般的に受けられるサービスがすべて有料に設定されています。
人によっては煩わしいとか2重価格のようで嫌だと言うことも聞きますが、実は最初からプラス金額を知っていれば問題ないわけです。
日本ではチップ制度が無いため、レストランなどではウェイターなどに料金に上乗せして10%から15%を支払う習慣がありません。

海外に行くとレストランで食べると損をすると思う人がいるようですがそれは間違いです。
彼らの賃金は時給制で言えば5ドル程度で、あとはチップで稼ぐのが当たり前なのです。
店によっては2ドル程度しか支払っていないこともあり、その分メニューの価格が抑えられているわけです。
しかも支払う側はサービスの対価として支払っているので、チップを品物に添加する考えはないのです。
LCCのサービスも同様で、最初から飛行機運賃に他のサービスは一切含まれていないため、必ず支払わなければならないものであっても、価格外の追加徴収としているわけです。
なかには入金手数料に不満のある人もいるようで、カードであれ、振り込みであれ代金を支払うのに受け取る側が手数料を要求するのは可笑しいと言う意見があります。
でも銀行やコンビニで振り込みをする時には、振り込む側が手数料を支払うのだって商習慣から言えばイレギュラーです。
日本の商習慣では企業に振り込む場合には、振込手数料を差し引いた額を振り込むのが一般的です。
ですから格安航空チケットも日本の商習慣に照らしてみると、儲かるものが支払うべき手数料となり支払う必要はないのですが、それが決まりとなっていますので割り切って利用するようにしましょう。

格安航空券を利用した時のいくつかの追加手数料について考えてみましょう。
機内においては飲食のサービスやブラケットなどは無料でしたが、格安航空の場合にはすべてが有料となっています。
もちろん例外としてオプションや航空料金に加味されたものもありますが、機内ではすべてのサービスが有料になると思った方が良いともいます。
料金的にはいわゆるチップに値する程度ですから、騒ぐほど高額に設定されてはいないのが現状です。
また搭乗手続きや予約でも追加料金は発生します。
予約時に座席を指定すると料金がかかり、また荷物に荷重制限がありますので大半の人が追加料金を支払うことになります。
しかも予約時に申請した預け荷物よりも超過していると更に高い割合で追加料金が発生するように設定されています。
せっかくの格安料金ですから最後まで格安で利用できるようにしっかりと追加料金設定を把握しておくと良いでしょう。


Copyright(C)2014 LCCのメリットと注意点を知る!格安の理由とサービスを紹介! All Rights Reserved.